介護保険の利用で貸与できる福祉用具の種類やサービスについて | コラム | 神奈川県足柄下郡湯河原町 湯河原駅【有限会社ピース】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年06月01日 コラム

介護保険の利用で貸与できる福祉用具の種類やサービスについて

39

介護保険を利用してレンタルできる福祉用具には、様々な種類があります。
レンタルが行える対象としては、介護認定を受けている事が前提です。
今回は、貸与できる福祉用具の種類やサービスについて説明していきます。

▼介護保険の福祉用具
介護保険の福祉用具とは、要支援者や要介護者が自宅で安心して生活するための用具です。
また援助だけでなく、機能訓練も目的としています。
自立した生活ができるように手助けしてくれる用具については、保険の給付が可能です。

■福祉用具の貸与サービスの利用対象者
介護保険のサービス利用をするには、要支援や要介護認定が必要です。
まずは、介護保険の申請をお住まいの市区町村の介護保険担当窓口で行いましょう。

■介護保険の給付制度
身体の状況変化や介護の度合の変化に伴って、適切な用具の利用ができるように貸与が原則です。
しかし貸与は再利用であるため、心理的な抵抗感が強い方などは事業者が販売する場合もあります。
このような場合の購入費用は保険の給付対象ですが、原則として年間10万円が限度なので注意が必要です。

■貸与の福祉用具
・車いすや車いす付属品(クッションなど)
・歩行器、歩行補助の杖
・手すりやスロープ
・移動用リフトや特殊寝台、特殊寝台付属品
・体位変換器、床ずれ防止用具
・自動排泄処理装置
・認知症用徘徊感知機器
※貸与の対象となる福祉用具は、介護認定度によって異なるので事前に確認しましょう。

■販売の福祉用具
・自動排泄処理装置の交換可能部
・入浴補助用具(入浴用の椅子・浴室内の手すり・入浴台・すのこなど)
・簡易浴槽
・移動用リフトのつり具の部分

▼まとめ
介護保険のレンタルサービスなどを利用をするには、要支援や要介護認定が必要です。
基本的に福祉用具は貸与が原則であり、用具の種類はおおよそ13種類があります。
福祉用具は、利用者の自立した生活を送るために必要な用具であり機能訓練にもなるんです。
福祉用具のレンタルを利用されたい方は、まずケアマネージャーに相談をしてみましょう。

Recruit

募集要項

アイコン