第二回 系統ごとの報酬と勤務 | お知らせ | 介護士・ヘルパーを求人し湯河原のデイサービスやヘルパーステーションの様子を掲載

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年07月09日 お知らせ

第二回 系統ごとの報酬と勤務

一般的には施設系は夜勤等のシフトが有り体力的には厳しいですが報酬は高めなところが多いです。介護職は大変だと言われているのは大抵この施設系を指しており、報酬は在宅系に比べると高めなので、勤続年数などを考慮すると世間で言うほどの低賃金ではありません。その為、国家資格を持った人や体力に自信のある若い人に好まれる傾向があります。

在宅系は空き時間を活用したい主婦のパート率が非常に高いためシフトにはかなりの融通が利く事業所が多く、原則夜勤はありません。施設系に比べると103万円の壁などの収入制限を意識して働いている人が多い事や夜勤勤務の手当がないことから、報酬は施設系より少なくなります。

介護職は経験が重要なので、在職期間が長いとパートでも給料が上がる事業所が多いです。

介護の仕事を選ぶ際は、収入にこだわるなら「施設系」、勤務時間の融通や体力の不安にある人は「在宅系」を選ぶとストレスも少なく長く勤務に就くことが出来ると思います。

Recruit

募集要項

アイコン